都立保谷高等学校

HOME >学校紹介 >教育目標

教育目標

1 教育目標

(1) 学校の教育目標

「知性高く、人間味豊かに、心身ともに健康な人を育成する」

  • 生徒が自ら学び、考えて行動できる課題発見力・解決力を養成し、学力を伸ばす。
  • 基礎学力の定着を図り、応用力へと発展させることから、自己実現を図る。
  • 生徒が互いの人格を尊重できるように組織的・積極的な教育活動の実践。
  • 生徒が社会の一員として、自己表現ができるよう、保護者・教職員と夢を語り、協働する。
  • 部活動・教育活動を通して、生徒に規範意識を持たせ、バランスのとれた人格を形成する。

(2) 学校の教育目標を達成するための基本方針

本校の教育目標を達成するために、平成28年度の基本方針を次のとおりとする。

  1. 学校評価を反映させ、学力の更なる定着を図るとともに、基本的な生活習慣を確かなものとする。
  2. 安心・安全な学習環境と授業規律を向上させた学ぶための環境づくりを推進する。
  3. 規範意識の育成を活性化するとともに、地域に愛される学校づくりを推進する。
  4. キャリア教育・進路指導を充実させて、生徒・保護者の広い進路観を醸成する。
  5. 社会教育との連携を緊密にして、生徒の防災意識向上を図っていくための基礎力をつける。
  6. 生徒支援の充実を図り、個々の生徒の実情に合わせた教育活動を行う。



2 指導の重点

(1) 各教科・科目の指導

学校の教育目標を達成するための基本方針に基づき、各教科・科目全体を通して、適切な計画、授業時間の確保等を行う。

  1. 保谷学力スタンダードを作成し、計画的な授業を行うとともに、生徒・保護者へもしっかり周知させる。
  2. 保谷学力スタンダードを基本とした学力検査・実力テストを作成し、学力向上へ向けてのプランを作成する。
  3. 生徒の授業評価を踏まえ、生徒に「わかる・できる・のばす授業」を展開し、生徒個々の学力向上を図る指導を行う。
  4. 1人ひとりに応じた授業展開と補習体制を整備し、基礎学力の定着と更なる学力向上を図る。
  5. チャイム開始の授業規律の徹底を図り、学ぶ意欲を喚起する。
  6. ICT機器を活用した授業を推進し、授業実践する機会を拡げる。
  7. 地域と生徒が協働できる機会を増やし、主権者教育・道徳的教育・奉仕的活動を充実させる。
  8. 読書活動を推進し、読書活動により生徒の知識・理解力の向上や言語活動の充実を図る。
  9. 生徒の体力向上に向け、体育や特別活動を計画し、中長期的な視野をもって実施する。

(2) 特別活動の指導

学校の教育目標を達成するための基本方針に基づき、特別活動全体を通して、指導の重点や個々の内容における今年度の指導の重点。

  1. ホームルーム活動…計画的なホームルーム活動を企画・立案し、生徒の自律的で充実した集団生活の基盤を作る。
  2. 学校行事……………積極的に参加させることから、創造的で、生き生きとした学校生活を送れるように促す。
  3. 生徒会活動…………自主的な生徒会活動に向けて、各自に役割を自覚させ、目的意識をもって取り組ませる。
  4. 部活動………………オリンピック・パラリンピックを見据え、バランスのとれた人格形成と個性の伸長を図ると共に教育の推進に努める。

(3) 生活指導

学校の教育目標を達成するための基本方針に基づき、教員がみんなで組織的に学校の教育活動全体を行う。基本的な生活習慣 を身につけさせ、教科学習・特別活動の分野と連携を図る。

  1. 儀式等では、正装を徹底する。また、自主・自律的を指導し、学校での学習に臨む基本的姿勢を向上させる。
  2. 安全教育プログラムを活用し、セーフティ教室を行う。交通安全・薬物乱用防止教室等を開催する。
  3. 道徳的判断力・態度や行動様式を身につけさせるために、道徳教育の充実を図る。
  4. 年間4回の「避難訓練」と「宿泊防災訓練」を実施し、生徒に防火・防災の意識を定着させ、防災教育の充実を図る。

(4) 進路指導

進路希望の実現に向けて、進路部を中心として学校の教育目標を達成するための学校の教育活動全体を通して行う進路指導を行う。

  1. 生徒意識や多様な進路希望を把握し、計画的できめ細かな進路指導を図る。
  2. 生き方や在り方について考えさせ、将来を見据えたキャリアプランを立案できるように指導し、キャリア教育を推進する。

(5) 総合的な学習の時間

学習活動を通し、生徒に「生きる力」を培わせるとともに、各教科・科目、特別活動とも連携を図る。

  1. 一学年……「総合的な学習の時間」(1単位)、(別紙6)
  2. 二学年……「キャリア教育」(1単位)
  3. 三学年……「キャリア教育」(1単位)



3 教育目標達成のための特色ある教育活動等

(1) 教育目標達成のための特色ある教育活動

  1. 積極的な授業公開…… 土曜日授業、授業公開週間、文化祭等の特別活動の一般公開を行う。
  2. 花いっぱい運動……… 年3回、環境教育と奉仕の精神の育成を図るとともに、校内美化の意識を高める活動をする。
  3. 高大連携の推進……… 大学での学修を教育課程に位置づけ、科目選択者の拡大を図る。
  4. 地域との連携………… 近隣小中学校の行事や地域の行事などへの積極的な協力などの推進を図る。
  5. 学校運営連絡協議会… 学校評価アンケート等から意見を受け、学校改善に向けて積極的に取り組みをする。
  6. 学校広報の充実……… ホームページの充実を図り、学校と家庭との双方向の情報発信を実現する。
  7. 学校組織の活性化…… PDCAサイクルを活用し、組織的な取り組みを実践し、学校運営の改善を図る。業・体験部活動・進路相談を「保谷スクールディ」として、夏休みに実施する。
  8. 保谷スクールディ…… 中学生への体験授業・体験部活動・学校相談の「保谷スクールディ」を夏休みに実施する。

(2) 学校週5日制への対応

  1. 土曜授業………………年間18回土曜日の授業を実施し、週32単位時間を確保して教科・科目の充実を図る。
  2. 学校説明会……………土曜日及び平日の中学生・保護者が参加しやすくするとともに個別相談を行う。

最新ニュース

お知らせ

サイトマップ お問い合せ