都立保谷高等学校

HOME >進路状況 >卒業生のことば

卒業生のことば

A君(中央大学 法学部 政治学科/一般受験 )

アイコン
 私が第1志望の中央大学法学部政治学科に決めた理由は、私が一番興味をもっていた政治学を中心にして法学・経済学などの実用的な学問を幅広く学べることと公務員の就職実績が私立のなかでもトップクラスであることでした。最終的に第1志望を決めるまでは首都大学東京を目指していて記述式の問題に力を入れていたので、他の私立大学と比べて記述式の配点が高いところも決め手になりました。
 一般受験というのはとても厳しい戦いになりますが、受験勉強の目的は「志望校に合格する」ことよりも「自分の学力を最大限に高める」ことと考えることです。私は早くから勉強を始めていたので河合塾の模試では、常にA・B判定をとっていましたが、判定に興味はなかったし結果に満足していませんでした。それは、よい判定が出ていたとしても間違えている問題はたくさんあるからです。もし、合格するとだけを求めていたら、A判定をとった時点で油断をして勉強をしなくなっていたと思います。少しでも間違える問題を減らしたいと常に考えていたからこそ受験前日まで全力で勉強を続けることができたし、第1志望の大学に合格することができたと思っています。今からでも遅くないので、少しでも自分の学力を高められるよう全力で頑張ってください。

B君(立教大学 経営学部 経営学科/一般受験)

アイコン
 私が志望校を決めたのは高3の9月でした。しかし、決めたといっても私には将来の夢ややりたいことなどはありませんでした。だから、私は将来できることの選択肢を幅広く持つために、MARCH以上の大学に行こうと思い志望校に決めました。
 受験勉強を進めていくにつれ、精神的につらくなる時期が来ると思います。「受験はチーム戦」という言葉をよく聞きますがまさにその通りで、「友達も今同じように勉強しているのだ。」と思えるだけで気持ちが楽になります。だからぜひ、チーム保谷で受験に挑んでほしいです。
 推薦入試や専門学校への進学を考えている人もいると思います。将来やりたいことがあり、その実現のためにそうした道を選ぶことはとても良いことだと思います。自信をもって進んでください。ただ、勉強したくないから推薦入試や専門学校への進学を考えている人にはぜひ一般受験で大学へ行ってほしいです。この受験生の期間というのは、学力だけでなく自分自身や社会のことについてなど様々なことに気づける貴重な時間だと思います。その時間を貴重な時間にできるかどうかは自分次第ですが、勉強して損はありません。  どの道を選んでも楽な道はありません。最後は自分を信じて後悔のない道へ進んでください。応援しています。頑張ってください。

C君(明治大学 商学部 商学科/一般受験 )

アイコン
 私が参考書などを買い揃え、本格的に受験勉強を始めたのは3年の9月からでした。それまでは1年生のころから毎回定期テストをしっかりと受け、3年の4月ごろから英単語や古文単語などを少しずつ始めました。9月からは基本的に休日はつくらず毎日時間のある限り勉強しました。学校のある日は、放課後すぐには家へ帰らず図書館や市役所へ行って勉強をしました。
 受験校選びで迷っているときには先生方に相談することが重要だと思います。先生方は自分では過小評価または過大評価しがちな部分も冷静に客観的なアドバイスをくださると思います。
 また、受験はとてもお金がかかります。親としっかりと相談して自分が何校受けられるのか、入学金は2校分払ってもらえるかなどを確認しておいた方がいいです。友達とは有益な情報をどんどん交換しあってください。私はセンター方式で1学部分のお金で2学部受けられる学校があることを知り、安いお金でより多くの学部を受けることができました。
 赤本については時間配分や傾向などをつかんだ上で入試には挑むべきなので必ず解くべきです。また、赤本は中古での購入や学校で借りるなど工夫して安くすませることをお勧めします。

Dさん(東京都立府中看護専門学校/公募推薦 )

アイコン
 私が自分の進路を考えたのは1年生の文理選択の時でした。それまで医療系に興味があり、学校見学や学校説明会を通して看護の道に進もうと決めました。初めは大学に行きたいと考えていたのですが、公募推薦という形で都立看護専門学校を受けようと考えました。
 小論文は担任の先生や国語科の先生に添削してもらい、その後2、3回は同じ題材で書き直しました。面接の練習を進路の先生にたくさんしてもらいました。看護系塾の雑誌に各大学、専門学校で先輩方が実際の面接内容が書かれていたので、すべての質問の答えを書いて自分の中で整理しました。また、専門用語や今の医療の現状についても調べました。本番の面接のときは練習で聞かれたことや先輩方の聞かれた質問が多く詰まることなく自信をもって答えることができました。合格した時、先生方や親や友達が一緒に喜んでくれたのがとてもうれしかったです。
 今回の受験が人生の中で一番といえるほど勉強しました。自分でもよくこんなに勉強する習慣が続いたなと思います。しかし、それは今までサポートしてくれた学校の先生方や親、学校内でも学校外でも一緒に頑張れる友達がいたからこそ、ここまで続けることができたのだと思います。勉強が好きだという人は少ないと思いますが、自分の進路に向き合ってしっかり勉強してほしいと思います。皆さんがそれぞれ望む進路に進めるよう応援しています。

Eさん(学習院大学 文学部 ドイツ語圏文化学科/一般受験)

アイコン
 私は第1志望が公立大学だったのでセンター試験までは5教科の勉強をしていました。それぞれ全く関係がないわけではなく、例えば、倫理の内容は主に世界史や日本史の文化史にあたります。化学や生物で学ぶ内容が、出題される英文に含まれていることも少なくありません。英語の長文においては、特に説明文では、自分の持っている知識に絡んだ文章だと読みやすいので問題は解きやすくなります。「多教科=大変」というイメージがあるかもしれませんが、受験に必要な教科だけを集中的に勉強するだけでなく文理の壁を越えた様々な教科を網羅して学ぶことも最終的に受験勉強の伸びにつながっていきます。とは言え、入試直前に受験教科以外の勉強をするわけにはいかないので1.2年時に必修の教科を「受験には関係ないから」と言って怠らず、しっかり学ぶことがカギになると思います。決して無駄にはなりません。
 私はつらいと思ったことは最後の最後を除けばほとんどありません。つらいと感じるみんなほど勉強していなかった自分を責めてしまい、それが大きなストレスになってしまいましたが、最後は「焦らずに進めていくことが自分に合ったやり方なんだ」と考えることで気持ちを切り替えました。直前に学校に来ないで塾にこもったり、睡眠時間を削ったり無理をして体調を崩すことは一番もったいなく悔しさが残ると思います。後で慌てることがないように今のうちから少しずつコツコツと進めていけば学んだことが記憶に残りやすく、無理なく効率的に勉強できます。受験勉強のスタートが早すぎることはないないので、成果がすぐに出るとは限りませんがいつか成果が出ると自分を信じて頑張ってください。

最新ニュース

お知らせ

サイトマップ お問い合せ